猫は肉食で成長にするにつれて食べるものも変えて行く必要があります。

そしてキャットフードは大きく3つの分類に分けられます。

  1. 総合栄養食

栄養基準をクリアしたメインとなるフードです。

お水と一緒に与えることで健康を維持できます。

飼い主にとって理想的な栄養バランスで配合されたフードになります。

  1. おやつなど

メインフードではなくおやつになります。

もちろんおやつだけでなくメインフードもあげながらおやつをあげていると思います。

このおやつには大事な意味があります。

しつけや元気がない時の飼い主との会話の一部として与えることがあります。

おやつは比較的カロリーも多いので与えすぎると肥満になりやすくなるので注意しましょう。

  1. 目的食

栄養やカロリーの補給のために与えるフードです。

一般食、療法食、サプリメントがあります。

この目的食はそればかり与えると成長に不可欠な栄養素が不足する場合もあります。

目的食は総合栄養食と与えるのが良いでしょう。

療法食は特定疾患に対応する病院食のようなものになります。

獣医の指示で与えるようにしましょう。

他にも毛球ケア用や妊娠、授乳期用、アレルギー対策用、など専門フードもあるので猫の症状に合わせて与えることをおすすめします。

カナガンキャットフードの保存方法はこちら