キャットフードの裏に記載されている家禽ミールが何か知っていますか?

安価なキャットフードほど肉副産物など聞いたこのない言葉が入っています。

この家禽とは一体どんなものなのでしょうか。

家禽(かきん)とは卵などの食用に育てられている鳥です。

その鶏肉を使用しているという表記なので一見普通のことだと思いますが家禽ミールとは何なのでしょうか。

この家禽ミールとはくず肉、内臓、骨、くちばし、目なども一緒に粉々にしてまぜているということです。

一方アメリカの家畜ミールの基準は羽毛、頭部、内臓以外のものと定められています。

そして骨付き、骨なし肉の鶏皮の油分を取り除き細かくすりつぶしたものを使用することになっています。

実際調べてみると国産の方が危ないことが分かります。

この家禽ミールは猫に与え続けると寿命の低下病気になる恐れがあります。

安価なキャットフードは質の低いタンパク質が大量に含まれています。

1kg400円~600円など継続させて食べさせると便の臭いが変わっていきます。

腸内で消化ができず排泄の臭いまで変化しているからだと思われます。

まず変化したときはキャットフードの記載を確認するようにしましょう。

カナガンキャットフードの評判は?