ペットフード安全法は農薬、汚染物質、添加物とそれぞれに上限値があり製造方法も決められています。

中でも特にBHA(ブチルヒドロキシアニソール)とBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)の酸化防止剤に対する注意が必要です。

BHAは発がん性の報告があること、BHTも同じく発がん性の疑いがありまた強い添加物と指定されています。

少量であれば大丈夫だそうですがBHABHTは避けるようにし天然由来成分のものを選ぶと良いでしょう。

次にエトキシキンです。

抗酸化力を持つ合成酸化防止剤で食品添加物として認められていません。

ペットフード安全法でも上限値があるほど危険とされています。

人間より小さい動物に与えるようなことはやめましょう。

プロプレングリコールはセミドライフードの保湿に使われることのあるものになります。

猫は貧血になる可能性があります。

プロプレングリコールは犬には問題ないようですがペットフード安全法では猫には禁止されています。

いかにプレミアムフードで使われる添加物が自然由来成分であることの大切さが分かるかと思います。

一般的なキャットフードを選ぶ際も必ず表示をチェックすることをおすすめします。

カナガンキャットフードが人気の理由は?